シャツの用途と、その種類とは

一言でシャツといっても、さまざまな種類があります。

たとえばティーシャツですが、下着として着ることが多いものの、夏などの暑い季節になると、アウターとして着用する事もありますね。

無地のみならず、キャラクターのイラストや文字などが入っている物も多く、イベントやキャンペーンなどでその象徴として着られることもよくあります。
また、現在は汗を早く乾かして涼しくしたり、反対に体を暖めたりといった、機能性が高い商品も販売されています。


次に挙げられるのはワイシャツです。

ビジネスマンや学生がスーツの下に着るもので、ボタンで体の前や袖を留める、物を入れるポケットがついているといった特徴があります。会社や学校など、ややあらたまった場で着るものですから、体にフィットしていますし、ネクタイや下着を重ねることも前提としています。
もう一種類はポロシャツであり、その名の通り、元はポロというスポーツで用いられていたものです。
現在では、テニスやゴルフなど、他のスポーツでも着用しますし、選手とタイアップしたものや、汗を乾かしやすいものもあります。
身軽に動くことができるため、店舗や介護施設などの作業着として着用される事もあります。さて、これらのシャツですが、いずれも元は下着として使われていたもので、上に何かを重ねて着るのが当たり前でした。
単体で身に付けるようになったのは、カジュアルな格好が一般的になった20世紀半ば以降です。


肌に直接触れ、汚れることが前提となっていますので、毎日洗濯することが望ましいのです。











http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/524245.html

https://works.medical.nikkeibp.co.jp/articles/c794/

関連リンク

いろいろな使い道があるオリジナルシャツ

人気のある洋服の種類は世の中にはいろいろありますが、一番多くの人達が普段身につけていて手軽に買えるポピュラーなものはTシャツです。リーズナブルな値段で買えるため、ちょっとした運動や汚れる可能性がある作業のときに身につけている人は多いです。...

more

寒い冬もシャツが熱い

2015年は春夏に続き、寒くなりゆくこの季節も、シャツが大人気です。冬の王道ニットにも、今年はシャツをポイントにして垢抜けコーデを楽しみましょう。...

more